取扱パッケージ一覧

  • キャラメル型
  • ワンタッチ底型
  • アメリカンロック底型
  • 蓋身型

ご利用ガイド

  • ご注文の流れ
  • ご注文方法
  • データ入稿について
  • お支払いについて
  • 納期について
  • 初めての方
  • よくある質問
  • 資料・サンプル請求
  • スタッフブログ

SOYINK
当社オフセット印刷は一部大豆油インキを使用しています。

  • ホーム
  • スタッフブログ: 2008年10月

スタッフブログ

素朴な疑問だった紙サイズ

紙のサイズって専門家じゃない限り難しいですよね。
印刷会社では、「四六判」とか「菊判」とかいいますけど、素人の方から見れば????
私もこの業界に入りたての頃は、まったくイメージができませんでした。

で、具体的な紙のサイズをいうと

「四六判(しろくばん)」(788㎜×1091㎜)...美濃判(273㎜×393㎜)の8面取りの寸法で32取りした時、4寸2分×6寸2分になるところからこう呼ばれるようになった。

「菊 判(きくばん)」(636㎜× 939㎜)...明治時代よりこの寸法が新聞に使用され、新聞の「聞」が「キク」と解釈されたところからこう呼ばれるようになった。

見てお分かりの通り、「四六判」の方が、一回り広いんです。
しかし、この呼び名は、普通の印刷会社で通用する「洋紙」での世界

実はパッケージなどを扱う「板紙」の世界では、この呼び名が変わります。

「L判(えるばん)」...800㎜×1100㎜

「K判(けいばん)」...650㎜×950㎜(大阪K判の場合)

と呼びます。

さっきの洋紙の「四六判」や「菊判」と比較してみると、ほとんど同じようなサイズなんです。

「四六判」≒「L判」

「菊 判」≒「K判」

なぜ板紙の世界ではこう呼ばれるようになったかは、正直分かりませんが、だいたいの大きさはイメージできるのではないかと思います。ちょっぴり板紙の方が洋紙より広い感じでしょうか。

さらに、よーく見てみると「K判」の「K」は、菊の頭文字から取ったのではないかと想像できますよね。

実は、その通りなんだそうです。K判の「K」は、菊の頭文字から取ったんだそうです。

んじゃ、L判の「L」は...四六版のシ??ロク???とは、いかなくて、単に英語のLarge(大きい)の頭文字からとったんだそうです。 なんか、きまぐれ...(笑)

板紙のサイズは、ホント聞き慣れないのですが、発注の際にご参考になればと思います。

今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました。(井上)

▲ページの先頭へ