取扱パッケージ一覧

  • キャラメル型
  • ワンタッチ底型
  • アメリカンロック底型
  • 蓋身型

ご利用ガイド

  • ご注文の流れ
  • ご注文方法
  • データ入稿について
  • お支払いについて
  • 納期について
  • 初めての方
  • よくある質問
  • 資料・サンプル請求
  • スタッフブログ

SOYINK
当社オフセット印刷は一部大豆油インキを使用しています。

スタッフブログ

JANコード(バーコード)について

JANコード(バーコード)は、あらゆる消費財に付いています。これは、JAN(Japanese Article Number)コードと呼ばれ、国内の共通商品コードとして広く使われる。

日本で最も普及している商品識別コードであり、JANコードから生成されたバーコードシンボルは市販される多くの商品に印刷または貼付されており、POSシステムや在庫管理、受発注システムなどで価格や商品名を検索するためのキーとして使われている。

日本では、国コードが"49"または"45"からはじまる13桁の標準タイプと8桁の短縮タイプで構成されるコードである。
バーコードの下部に数字が記載されている場合がほとんどであるが、これはバーコードスキャナでの読取ができなかった場合に目視でコードが確認できる(実際にはレジのテンキーでコード番号を入力して商品データを呼び出す)ように、併記したものである。

JANコードを使用するには「流通コードセンター」へ登録が必要で、全国の商工会議所や商工会で申し込むことができる。


      標準タイプ          短縮タイプ(8桁)
JANコード.jpg



①国コード
②JANメーカーコード
③商品アイテムコード
④チェックデジット


*参照 (財)流通システム開発センター http://www.dsri.jp/
    

▲ページの先頭へ